気になる記事はタグで検索

損保ジャパン日本興亜の保険給付金申請方法

2018.06.25

はじめに

日本に存在する火災保険を扱う多くの損害保険会社は、長い歴史の中で何度も合併を繰り返し今に至っています。
損保ジャパン日本興亜は、業界最大手の企業となり、加入者も国内で最も多い損害保険会社です。

長い歴史の中で合併を繰り返し、多種多様の業種のノウハウが取り込まれ、加入者側にはメリットがとても多いのですが、加入されて長く経つ方は、社名も変わってしまい、どんな補償だったのかも記憶に残ってない方も多いのではないのでしょうか。

また、あまり知られていないのが、火災保険は火災以外の多くの災害による損害も補償してくれます。
台風や、大雨、大雪、雷などでご自宅の建物や家財に損害を受けたことはありませんか。

多くの方が、住宅を購入すると同時に火災保険に加入されているので、銀行や不動産屋主導で手続きをしてしまい、補償内容もあまり把握や検討もせず加入してしまっている方が多いのが実情です。

火災保険にせっかく加入しているのですから、補償は正当に受けなければなりません。
今一度、ご自分の保険プランはなんだったのか、どのような補償をしてもらえるのか見直してみましょう。

目次

損保ジャパン日本興亜の特徴

  • 会社名…損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  • 本社所在地…東京都新宿区西新宿1-26-1
  • 設立…1888年10月
  • 資本金…700億円
  • 規模…損害保険会社の中では国内最大

損保ジャパン日本興亜株式会社は、2014年9月に、損保ジャパンと日本興亜が合併して、国内最大の損害保険会社となりました。
元々の始まりは、東京火災で、何度も合併・吸収を繰り返し、現在は4つの企業グループと関連のある損害保険会社となりました。

4つの企業グループとは、

  • 芙蓉グループ…安田火災海上保険が所属していた
  • 古河グループ…大成火災海上保険が所属していた
  • みどり会…日本火災海上保険、興亜火災海上保険が所属していた
  • 春光懇話会…日産火災海上保険が所属していた

これだけの多くのグループに関連する損保ジャパン日本興亜は、多くの企業のノウハウを駆使することができ加入者にたくさんの選択肢を与えてくれると同時に、サポート面もとても安心できます。

損保ジャパン日本興亜に加入するメリット

豊富なラインナップやプラン

火災保険、地震保険、自動車保険、医療保険、旅行保険、個人ローンetc...

安心の事故対応

複数の事故に応じた電話窓口を設置

保険のラインナップが豊富ということは、個人の多くの方が加入される火災保険や自動車保険などを1社でまとめて加入することができます。
まとめて加入できれば

  • 管理がしやすい
  • 割引を受けるられることも

災害時に連絡がとれなかったり、対応が遅れてしまったりしては加入している意味がありません。
損保ジャパン日本興亜なら、24時間事故対応をしており、早朝や深夜も問題なく電話を受けて対応をして頂けます。

このように、損保ジャパン日本興亜の特徴は、規模の大きさによる選択肢の大きさと、安心のサポートを受けられることだと言えます。

THEすまいの保険の特徴

損保ジャパン日本興亜の個人向け火災保険です。
「建物」、「家財」、「建物と家財」を選んで加入することが出来ます。

また大きな特徴が2点あります。

評価済み保険であること

契約時の建物の評価額が何年後でも適用されます。
建築後、また保険加入後、何年も経って災害や事故にあったとしても、契約時の建物の評価額が適用されます。

被災時の自己負担額を自分で選ぶことができる

被災時に自己負担額を差し引いた保険給付金を受け取ることになります。
自己負担額を0円に設定しますと、保険料は高くなります。
このように家計に合わせたお支払いを選ぶことができます。      

『THEすまいの保険』の補償内容

災害時
  • 火災…自宅で発生した、隣家などからの火災を補償
  • 落雷…落雷により、建物に損傷、また「家財」の場合は、家電の故障も補償
  • 破裂・爆発…ガス漏れや、プロパンガスなどの爆発による損害を補償
  • 風災・雹災・雪災…台風や、暴風、雪や雹災により、屋根や壁に損傷を受けた場合に補償
  • 水災…台風、豪雨などによる洪水などで、床上浸水した場合や、土砂崩れなどによる損害を補償してもらえます。
災害以外の盗難・事故など
  • 物体の落下、飛来、衝突など…庭のフェンスに車がぶつかり、野球のボールが飛んできて窓ガラスが割れた場合など、外部から建物に損害を受けた場合
  • 漏水などによる水濡れ…給排水設備の事故により床や壁が水浸しになり、修復が必要な場合や、家具や家電も濡れてしまい故障した場合、「家財」も対象にしていれば補償を受けられます。
  • 盗難による盗取・損傷・汚損…空き巣や泥棒が入り、窓ガラスを割られ、家財を盗まれた場合は、ガラスの破損の修復の補償や、盗まれた家財の補償が受けられます。
    しかし、高額な美術品や貴金属は別途契約が必要ですので、ご自分が加入されているか確認をしておく必要があります。
  • 騒擾、集団行動等に伴う暴力行為…デモ活動や、労働争議など集団での行為により、外壁や  庭のフェンスなどに損害を受けたとき
  • 不測かつ突発的な事故(破損、汚損など)…日常的に起こりうる事故を補償してくれます。
    例えば、子どもがテレビを倒して壊してしまった、うっかり壁に物をぶつけて壁を破損してしまった場合
費用保険金

「建物」や「家財」の補償以外で、必要になる4つの費用の補償を受けられます。

  • 地震火災費用保険金
    地震等による火災で、建物が半焼以上した場合、または家財が全焼した場合に保険金額の5%の支払いを受けられます。
  • 残置物片付け費用保険金
    保険の対象となるものが損害を受けた場合に、その片づけに必要の実際にかかった費用を補償してもらえます。
  • 水道管修理費用保険金
    凍結による水道管の損壊の修理に必要な額を補償してくれます。(1回の事故、1個の敷地内につき10万円まで)
  • 臨時費用保険金
    「建物」、「家財」に損害を受けた時に損害保険金を受け取る際に、それに上乗せで別途支払ってもらえる保険給付金です。
    限度額や、臨時費用保険金なしを選択することができます。
損害防止費用

火災、落雷、破裂または爆発による損害の発生または拡大の防止のために、必要な、または有益な費用として支出した場合、
例えば、消火活動のために、消火器などを使用し、新しいものを購入する必要がある場合に購入の補償が受けられます。

以上が補償内容になります。
災害時はもとより、災害以外の補償内容は日常生活での事故も補償してくれるものになっております。

火災保険は本当に、申請される方が少ないのが現状です。
申請は本当に簡単です!是非この機会にしっかり理解、把握しておきましょう!

『THEすまいの保険』のプラン

「建物と家財」、「建物のみ」、「家財のみ」の3つの大きなプランが選べます。
その中で、

  • ベーシックⅠ型、ベーシックⅠ型(水災なし)
  • ベーシックⅡ型、ベーシックⅡ型(水災なし)
  • スリムⅠ型、スリムⅡ型(どちらも水災なし)

以上6プランから選ぶことができます。
~④は全てのプランで補償されます。

  • ベーシックプラン
    ①~⑩の補償があります。水災補償なしを選択することができ、またⅡ型は、⑩の補償を受けることできません。
  • スリムプラン
    ⑥~⑩までの補償がありません。Ⅱ型におきましては水災の補償も無いということで、ベーシックプランに比べると、かなり保険料の節約をすることができます。

また、損保ジャパン日本興亜の『THEすまいの保険』の大きな特徴でもある、損害を受け、保険給付金を受け取る際の自己負担額をそれぞれのプランで設定することができます。

  • ベーシックプラン
    0円、1万円、3万円、5万円、10万円から選択可能
  • スリムプラン
    3万円、5万円、10万円から選択することとなり、0円の選択することはできない。

損害を受け、保険金給付を受けても、自己負担額は自分で支払う必要があります。
これを免責金額と言い、設定金額が安ければ安いほど保険料は高くなっていきます。

損額があった場合に自己負担金額を払わないといけない設定金額になりますのでご加入中の方で免責金額を忘れてらっしゃる方は保険証書に記載してあるのでご確認下さい。

また、自己負担額の方が、保険給付金を上回る場合は、保険給付金は支払われません。
注意が必要です!

火災保険の申請は自分でする!

修理の必要な屋根等は、修理を行わないと、二次災害など被害が拡大してしまう恐れがあります。
火災保険の申請は事故から3年間有効期限があります。

そしてそれはご加入をやめていてもその事故日にご加入されているのであれば問題なく申請は可能です。
弊社のお問い合わせによりご自宅の点検など無料で屋根被災調査診断ができますので必要書類の作成にお手間の方は是非一度、無料相談してみてはいかがでしょうか。

そして速やかに、保険会社へ連絡してみましょう!

保険給付金請求方法

請求手続きは、誰かに代行してもらったりしなくても簡単に自分でできます。
前述にもありましたが、火災でなくても火災保険の補償は受けられます。

特に、火災保険の対象である「建物」の日常的に一番被害を受けやすいのが、ご自宅の屋根です。
屋根は外部ですので、常に雨や風にさらされております。

しかし、台風や暴風にさらされているにも関わらず、経年劣化による破損だと判断し、火災保険の適用を受けようとされない加入者がとても多いのです。

屋根の修理や修繕は、数十万円かかるのが一般的です。

せっかく火災保険に加入されているのですから、保険給付金を利用しなければ保険に加入している意味がありません。
また気をつけないといけない点が風災・ひょう災・雪災による損害は20万以上が初めてお支払い対象となりますので20万未満の損害は対象外となりますので注意して下さい。

ご近所の工務店に安い見積もりを作ってもらって20万を下回り保険給付金を受け取れなかったなど実際によくあるケースですのでご注意下さい。

保険給付金の申請は自分できます

まずは、損保ジャパン日本興亜の事故受付けに保険の請求のお電話をして下さい。

1.損害の報告をします

2.保険申請の方法や、必要書類について確認して下さい

3.保険会社から申請書類2通送られてきます

・保険金請求書
・事故状況説明書

4.3とは別で、被災箇所の写真、屋根修理業者による見積書が必要です

・被災箇所の写真
・屋根修理工事見積書

写真はご自分のカメラで撮ったもので大丈夫です。
屋根修理業業者へ見積りを依頼する必要があります。信頼できる業者がいればその方に、または保険会社提出用の屋根修理見積書を作成した経験がある業者がいいです。

適格な書き方を心得ているはずなので、保険の申請がよりスムーズにすすみます。

また逆に、悪徳な業者もたくさんいますので、ご注意下さい。
見積書を膨大に請求して利益を多くとろうとしていたり、見積書の作成だけで本契約とする業者もいます。

見積りは契約を締結するかどうかの判断材料となるものですので、そちらで契約と言われるのは間違いです。
そのようなことになった際は、必ずお断りするか、近くの消費者センターなどにご相談ください。

またリフォームかし保険に登録している業者などに依頼するのをおすすめ致します。

リフォームかし保険とは

リフォームかし保険とは工事の内容に不具体がないか「検査」し「保証」する第三者のチェック機関で手抜き工事などないように工事の品質を一定に保てるよう、検査員が工事後に点検などしてくれる第三者機関です。

5.保険会社による調査

全てではないですが災害の被害かの判断が難しい場合や、担当者によっては保険会社の指定した日本損害保険協会登録の第3者による保険鑑定人がご自宅に派遣される旨の連絡が入ります。

請求した被災箇所が補償を受けることができるものかを判断し、また見積もり金額が正当であるかを判断します。
それを含め、保険修理の対応をしている業者で信頼できる専門業者に依頼することはとても重要になります。

6.保険給付金入金、屋根修理工事着手

通常は、鑑定人の現場確認から、請求のお電話をして書類が届くのが1週間後、そこからお支払い内容の確認から保険給付金の入金まで7日から10日ほどです。

大災害の際は、他県からの多くの鑑定人の派遣になりますので通常数ヶ月かかってしまいます。
お支払いはご加入者様の指定の口座に入金され、実際に修理を実行するのでしたら、業者と契約を締結し、修理の依頼をお願いすることになります。

7.工事完了、工事代金の清算

見積もりで、提示されていた金額を支払い、工事は完了です。
以上が、申請から工事完了までの流れになります。
複雑な作業はないので、誰でも自分でできる作業です。

ここまでの流れを見て、如何でしたでしょうか?ご自分でも申請は可能です。
どうしても不安な方、また信頼できる業者さんが思い当たらない方は是非一度弊社へお問い合わせ下さい。

申請書類のサポートから、誠実な見積書の作成、鑑定人と確認作業の立ち合い、工事完了まで安心できるサポートを行うことができます。
一人でも多くの方に適切な保険給付金を受け取れるよう無料相談窓口なども設けておりますのでこの機会に是非一度ご相談下さい。

火災保険の申請の際、押さえておきたい10のポイント

保険申請HOW TO

雨漏りなどが自然災害の一部である風災・雪災・ひょう災にあたる場合、火災保険の保険給付金で修理費用を大幅に抑えられます。扱う専門業者も増えてきて...

都道府県民共済の火災共済とは

保険申請HOW TO

都道府県民火災共済とは、都道府県別で保障内容が少し異なりますが、全国生活協同組合連合会(全国生協連)という同じ組織が運営している共済です...

三井住友海上保険給付金申請方法

保険申請HOW TO

三井住友海上とは、創業100年を超える、国内最大手の損保会社の一つです。
東京海上日動、損保ジャパン日本興亜と並んで国内3大大手損保と呼ばれており...

東京海上日動火災保険の保険給付金申請方法

保険申請HOW TO

東京海上日動は、設立136年を超え、日本初の保険会社として発足。歴史は業界ナンバーワンの長さがあります。2004年には東京海上火災保険と日動火災海上保険が合併し...

全労災の保険共済金の受け取りまでの流れについて(火災共済)

保険申請HOW TO

多くの方が家を購入すると、万が一のことを考え、火災保険や火災共済に加入します。一般的には、家を購入するときに住宅ローンを組みますので、住宅ローンの...

JA共済・建物更生共済(たてこう)の保険申請方法について

保険申請HOW TO

マイホームを購入するとき、多くの人が火災保険に加入しています。近年、地震や豪雨などの自然災害が多発しています。一世一代のマイホームを購入するとなると...

リフォーム業界は不透明で業者選びなどは特に様々な情報を集めて比較検討したいという思いは皆さま共通してあると思います。 ワンストップ復旧は保険申請サポートを専門にしている修理業者の集まりで、保険適応専門の屋根修理業者を始め、保険会社代理店、損害保険鑑定人、 など様々な方々からの意見を集約し、一人でも多くの人にご加入の火災保険で保険給付金を適正金額で受け取れるように、一連の流れの適切な情報を ワンストップで詳しく解説しております。 他にもリフォーム関連の住宅に関する補助金制度、リフォーム減税、エコ関連など実際に申請をすれば時間とお金の節約に役立つ情報などもご提供しておりますので是非ご覧下さい。

RANKING人気の記事ランキング

TAG人気のタグ

TEDSPARK

©2018 TEDSpark All Rights Reserved.