気になる記事はタグで検索

定義はない?ベランダ・バルコニー・テラスの違いとは

2019.11.22

不動産会社の間取り図などで、ベランダやバルコニー、テラスといった記載を見たことはないでしょうか?
それぞれ何となくイメージはできますが、具体的な違いはわからないという人も多いのでは。
それもそのはず、この3つの違いを決定的に分ける具体的な定義というものは基本的に存在しないのです。

しかし近年ではその3つの違いが、一般的に定義づけられ使用されています。
そこでこの記事では3つの違いから使用用途にいたるまでをまとめました。

ベランダ・バルコニー・テラスに法的な定義はない

ベランダ・バルコニー・テラスは建築法などで具体的に定義されているものではありません。
そのため昔は一般的に2階以上の階にあればベランダと呼ばれ、1階に土ではないコンクリートなどの広場があればテラスと、なんとなく呼ばれていました。

近年では長屋がテラスハウスと呼ばれるようになったのと同じように、不動産会社のイメージ戦略のもと、バルコニーという言葉が使われ広まっていったのです。

そのためこれが定義だと言い切ることのできるものは存在しません。
ここでは一般的な視点から、現在ではそれぞれがどのような定義のもと使い分けられているのかを解説していきます。

ベランダは屋根のついたスペース

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/veranda_balcony/viewstage_s/

ベランダは家屋に沿って外に張り出した屋根付きのスペースです。
この「屋根の付いているところ」というのが大きなポイントで、屋根のないスペースが2階以上にあればバルコニー、1階にあればテラスという切り分けとなっていることがほとんど。

意外ですが厳密に言うと、1階部分であっても屋根付きのスペースはベランダになります。
あくまでも屋根付きのスペースであることがポイントで階数は問わないようです。

屋根付きのスペースがあればある程度の雨がしのげ、真夏は強い日差しを防ぐこともできます。
そのためベランダに出しておくことの多いコンテナや洗濯機などの劣化も防ぐことができますし、夕立などの突然の雨でもベランダであれば洗濯物が濡れてしまう心配もありませんね。

バルコニーは屋根がないけど手すりがある

https://www.lixil.co.jp/lineup/veranda_balcony/balcony/#section_01

バルコニーは、屋根のない2階部分の建物から突き出した手すり付きのスペースのことです。
ポイントとなるのは

  • 2階以上
  • 屋根がない
  • 手すりつき

の3点です。
なお、下記のように1点だけ、バルコニーの定義となる法律が建築基準法で定められています。

“第百二十六条 屋上広場又は二階以上の階にあるバルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さが一・一メートル以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。”

ご覧いただくとわかるように、バルコニーのみにある絶対的な定義は、安全上の観点から手すりや壁、柵、金網の設置が1.1メートル以上の高さで設置されていることです。

テラスは1階にある盛り土

出典:https://www.hng.ne.jp/case_detail87-1.html

テラスとは、古いフラン語で「盛り土」という意味があり、家屋の母屋から突き出した屋根のないスペースのことをいいます。
地面から少し高くなっているのが特徴で、バルコニー同様に屋根はありません。

そのため2階の屋根のないスペースはバルコニー、1階にあるとテラスにと呼び名が変わると思ってよいでしょう。
バルコニーは安全上の観点から手すりなどの設置が必須となりますが、テラスは1階のため手すりなどの設置は義務付けられていません。

バルコニーが基本

これまであやふやだったそれぞれの定義も、上記のように現在の定義で紐解いていくとかなり明確になってきました。
2階の建物に沿って突出したスペースがバルコニーで、1階にあればテラス。
さらに屋根がついたらベランダです。切り分けはバルコニーが基本となっていることがわかります。

ベランダはバルコニーだった?!

出典:https://www.0003.co.jp/aruaru/topics07.html

マンションの突出したスペースのことをベランダと呼んでいた人も多いのではないでしょうか。
実はこのスペースは見解によってはバルコニーであるともいえます。

その理由は、スペース上部にある屋根は上階の床面であり、スペースのために作られている屋根ではないからです。
この定義でいうと、ベランダと呼べるのは一番上の階だけということになります。
この床面を屋根と見るか足場と見るかで見解が分かれているようです。

海外で高級とされているのはベランダ

出典:https://www.aloha-street.com/article/2012/08/130081/

これまでに聞きなれている言葉でもあるせいか、ベランダというと古くて狭いマンションの小さなスペースなどを想像しがちですが、海外では高級な部類に入ります。

というのも上記で述べた違いからもわかるように、スペースがあるだけでなく屋根が付いているのがベランダで、バルコニーやテラスとくらべ実質的に設備として整っているからです。
そのため日本でのベランダのイメージとは違い、海外では高級感を持たれているようです。

ベランダ・バルコニー・テラスの分類

ベランダ・バルコニー・テラスの大まかな違いはわかっていただけたのではないかと思います。
しかし和風住宅である縁側(えんがわ)や近年人気のあるウッドデッキなどはどの分類になるのでしょうか。
それぞれの分類に当てはまるものを一覧にしました。

ベランダ バルコニー テラス
・縁側
・サンルーム
・屋根のある玄関ポーチ
・ルーフバルコニー
・花台
・サービスバルコニー
・劇場のバルコニー席
・ウッドデッキ

このようにそれぞれの定義に当てはめていくと、違いがさらに明確になりイメージしやすくなりますね。
不動産会社の見取り図などを見るときなど、是非参考にしてみてください。

屋根葺き替え、屋根カバー工法 メリット・デメリットについて

屋根名称・種類・特徴

10年以上経つと、色が剥げていたり、サビが付いていたりで、見た目も悪いし綺麗にしたくなったら、現状雨漏りなど問題なくても瓦などに塗装をしてもらうことで...

風災・雪災・ひょう災、補填の利用が多い部位、名称について

屋根名称・種類・特徴

火災保険の風災・雪災・ひょう災補填を利用しての屋根工事は近年自然災害が多い中、被保険者にとってはとてもありがたい内容です。保険適用されるには...

戸建住宅の外装部分の全体図の解説

屋根名称・種類・特徴

戸建住宅は一生に一度の買い物と言われるように高価で、住んでいる人を守る大事なシェルターです。マンションや賃貸など選択肢がある中で戸建住宅は自分の土地...

火災保険の風災・雪災・ひょう災補填の適用ができる意外なもの

屋根名称・種類・特徴

近年、関東でも大雪がふり、屋根に積もった雪が滑り出すことでカーポートが壊れてしまったアクシデントが多発しました。残念な思いと共に自然災害であるがゆえに...

リフォーム業界は不透明で業者選びなどは特に様々な情報を集めて比較検討したいという思いは皆さま共通してあると思います。 ワンストップ復旧は保険申請サポートを専門にしている修理業者の集まりで、保険適応専門の屋根修理業者を始め、保険会社代理店、損害保険鑑定人、 など様々な方々からの意見を集約し、一人でも多くの人にご加入の火災保険で保険給付金を適正金額で受け取れるように、一連の流れの適切な情報を ワンストップで詳しく解説しております。 他にもリフォーム関連の住宅に関する補助金制度、リフォーム減税、エコ関連など実際に申請をすれば時間とお金の節約に役立つ情報などもご提供しておりますので是非ご覧下さい。

RANKING人気の記事ランキング

TAG人気のタグ

TEDSPARK

©2018 TEDSpark All Rights Reserved.